独立して失敗する理由

独立して失敗なんてしない!!!

そう思っていませんか?

僕もそう思っていました。(笑)

 

全てが順風満帆にいき、絶好調にお客さんを得ることができ、

売上も右肩上がりですぐ、経済的自由を手にすることが出来る!

そう信じて疑いませんでした。

 

しかし、ふたを開けてみれば、、、。

・お客さんが来ない(獲得できない)

・いつまでも無料でサービスを提供している

・興味はあります!という体の良いお断りが続く

 

何とかしようともがいてみるがドツボへハマる

大概の場合、お客さんがつかない=売り上げが立たない

というのがビジネスでは致命的な状態です。

 

となるとじゃあ解決したい問題は??

当然「集客」ですよね。

どうしたらお客さんが集まるのか!?

そこを徹底的に改善しようと思うわけです。

 

もうありとあらゆる、集客の手段をインプットしました。

特にSNS関連周りの事はこれでもかというほど学びました。

コピーライティングも学びました。

 

しかし、結果は変わりませんでした。。。

むしろそれらに費やしたお金と時間がなくなりました。

 

残ったのは「不安」と「諦め」

もうダメかなという諦め。

このままお客さんが集まらなかったらどうしよう。

そんな不安でいっぱいになってしまい、

足が止まってしまいました。

 

しばらくは何もしない期間が続き、

ただただインプットだけを続けていました。

 

そんな中出会った考え方がその後の

僕の成果を変えました。

 

最初からうまくいくことなんて無い「Jカーブの法則」

当たり前のようなことなのですが、

僕らの脳は常に「都合の良い解釈をする」ように

出来ています。

 

何もしなければ基本的に上手くいくことが前提で考えています。

しかし、この「Jカーブの法則」を理解していると、

そうでないということが分かります。

 

そしてそれはあなたの実体験の中でも

あるはずです。

 

最初から英語を話せた人はいますか?

最初から自転車に乗れた人はいますか?

最初から出来る人はいません。

 

皆最初は失敗を繰り返し、

ある時から出来るようになります。

 

実はこの視点が独立しようと思った時に

ほぼほぼ抜け落ちてしまいます。

 

逆に、この考え方を分かっていれば、

いつかは浮上する=出来るようになることが分かります。

 

上手くいくまでやり続ける

この法則性から分かることは、

独立して失敗してしまう理由は

 

「最初からうまくいく」という思い込みから、

「一度失敗したら諦めてしまう」ということです。

 

本当であればPDCAを回してやり続けていけば

必ず出来るようになるのに、諦めてしまうんですよね。

 

あなたもこれから会社以外の所で収入が欲しい、

独立して好きなことをビジネスにしたいという思いがあると思います。

 

しかし、安心してください。

必ず最初は上手くいきません(笑)

そこで諦めずに、PDCAを回し続けましょう。

Similar Posts