月別アーカイブ: 2020年6月

「Must(マスト)」V.S.「Want(ウォント)」~仕事観~

メンタル/マインドセット

「Must(マスト)」V.S.「Want(ウォント)」~仕事観~ 日頃の生活ないし仕事の中で、あなたはどちらの言葉を 使うことが多いでしょうか?   [su_box title="どちらの思考性が強いですか?"]『Must(マスト)』・・・しなければならない 『Want(ウォント)』・・・したい、やりたい[/su_box]   恐らくですが、ほとんどの場合は   『Must(マスト)』の<ねばならない思考>になっているのではないでしょうか?   期日までに終わらせなければならない 残業しなければならない ○○さんがやらないから私がやらなければならない   などなど、なんでもいいのですが、ほぼほぼの 思考性、語尾が「ねばならない」になっていませんか? 悪いことではないが、エネルギーは長続きしない   結果を作り出すプロセスとしては、 「Must(ねばならない)」も確かに成果を上げることは出来ます。   責任感や使命感を持ち、 「オラガやらねば誰がやる」の精神で突き進めることもあります。   しかしそのほとんどの場合、 「長続き」はしないと思います。   外的要因に端を欲しているアクションは その要因がなくなってしまえば止まってしまいます。   少し極端な例ですが、 「〇〇さんに言われたからやらなければならない」 「上司(部下)としてやらなければならない」 とした場合、相手の方がいなくなれば、 当然あなたにしてみればその行動をとる理由がなくなります。   方法は二つ~Wantをやる~   ではどうすれば、永続的な成果、 変化成長につなげられるのか? その為の方法は二つあります。   一つ目は当然ながら、あなただけの [su_highlight background="#ffff00" color="#ff0908"]『Want(やりたい)』をやることです。[/su_highlight]   シンプルながらここは非常に難しい部分でもあります。 なぜなら僕の実体験でもあり、これまで関わってきた 多くの人々の思考性はこれまで、   「与えられた目標、仕事」がほとんどであった為、 無意識下のほとんどは[su_highlight background="#ffff00" color="#ff0908"]「Must(マスト)思考」[/su_highlight]だからです。   それこそ働き始めや若いころを思い出して欲しいのですが、 向かうところ敵なし、なんでもかかってこい。 俺は俺の好きなことをやる。やりたい仕事しかしない。 というスタンスで生きていませんでしたか?   それがいつか社会という目に見えない力により毒されてしまい、 「自分のやりたい」という本当の気持ちに向き合うことを 忘れてしまうからです。   なのでいざ「自分のやりたいこと」と思い返すと 思考が停止してしまうことがほとんどです。 ※やりたいの見つけ方は別記事参照(後日書きます)   その状態を乗り越えて、 やりたいことをやるのがベストです。   方法2~Must→Wantに~   もう一つは今あなたの手元にある [su_highlight background="#ffff00" color="#ff0908"]「Must(マスト)」を「Want(ウォント)」に 変えてしまう事[/su_highlight]です。   とは言えなかなか社会の波は強いです。 今なお自分のやりたいのを見つけるのは困難である以上、 対処として「Must」を「Want」にしてしまうことです。   これは解釈の問題なので、トレーニングをしていけば 誰でも出来るようになります。   最初は嫌々ながらにやらされている仕事でも、 上手にそれを自分のやりがいや生きがいとリンクさせたり。   仕事そのものの価値を見出し、 高めていくことで「やりたい」に変換することが出来ます。   いずれにせよ、こちらも訓練が必要なので 最初から出来るとは思わないほう良いでしょう。   All Wantが最強   やはり個人的にも、これまでの 数ある成功者、実績者においても 『Must(マスト)』・・・ねばらない より、 [su_highlight background="#ffff00" color="#ff0908"]『Want(ウォント)』・・・したい[/su_highlight]   の方がエネルギーの最大値も出ます。 継続性も高いです。当然成果にもつながりやすいです。   あなたにも経験はありませんか? 男性であればRPGゲームを、親に何と言われても、 ご飯も食べずに1日中熱中してやりまくったことはないですか?   女性であればおしゃべりのネタはつきないですよね。 延々と話し続けられますよね?^^   それと同じことです。 結局は「Want(ウォント)」を見つけるか、 もしくは「やりたい状態」に持っていくかどうか。   その二つの方法を使って、目の前の 「Must(マスト)」に向き合っていきましょう!続きを読む

自分らしさに気付く居場所

PickUp

現代人には居場所がない   あえて言わせてもらえるならば、 『現代人には圧倒的に居場所がない』 と僕は断言します。   昔は隣の家に住む人、地域との関わり合い が根強くありました。 それこそ夕飯のおかずや食料など。 必要に応じて分け与えたりもする関係性がありました。   また、学校もきちんとした 居場所として機能していました。 皆が一律に並び、同じような価値観を共有している。 それは居場所を感じるのには容易い環境でした。   そして会社(職場)という環境も、 大きく日本人の居場所として成果を上げてきました。 良い会社に入り、沢山働いて昇進し、給料を上げる。   結婚し、稼いだ給料で家や車を買う。 そして余暇や学びなどに消費していく。   『豊かになりたい』 というキーワード一つで日本人全体が 一体感を感じられる時代が確かにありました。   テクノロジー進化の弊害   しかし、時代の変化とともに急速に IT化が進み、いつでもどこでも誰とでも。 スマホ一つで繋がれる時代になりました。   それは便利である反面、 人が人と触れ合う、つながりあう、 深いコミュニケーションが取れなくなりました。   どんどん人間関係が希薄になり、 周りの目を伺ったり、誰かを攻撃したり。 自分自身の殻に閉じこもってしまう人たちが増えました。   結果として、僕らは人とのコミュニケーション の中で明確化され、言語化されていく、 『自分の軸』を失っていきました。   今必要なのは、深いコミュニケーションが出来る環境   現代社会は情報があふれています。 選択肢が無数にありすぎると思います。   その社会において、物事を意思決定していくには、 自分の中に『確固たる自分軸』が必要です。   あなたは何が好きで、嫌いで、 どうなりたくて、何をしたくて、 何を大事にして生きているのか。   そうした本質的な欲求、感情、 思考などを自分で知る必要があります。   それを理解することが出来るのは、 「相手との対話」「自分との対話」を通してしか出来ません。 それもより「リアル」な対話です。   もちろんオンラインで出来ることもあります。 しかしオンラインは匿名性が高すぎる点。 直接対峙していない分、相手への思いやりが 欠如しやすいため、深いコミュニケーションには限界があります。   だからこそ、リアルな”繋がり”を 感じられる場所(環境)が必要だと思います。   帰ってきたくなる場所、自分に気付ける居場所   本当の意味で僕らが得られる安心感は、 「自分が自分自身を受け入れること」です。   それには自分の強み弱みを理解している人たちが集まり、 お互いを受容出来る環境が必要です。   そうやってお互いがお互いをさらけ出し、 時にはぶつかり合いながらも。   お互いの存在価値を見つけ、認め、 高めあい成長していくことが必要です。   それば僕が目指している『2nd Home(もう一つの家)』 というコミュニティの形です。   まずは自分を知る機会を欲すること   昨今はより自分がどうしたいのか? を問われる環境は増えてきました。   しかし、未だに旧来の価値観やシステムが 根強くあるため、まだまだ自分自身の価値観を 明確に言語化出来ている人は少ないです。   それはどんなに会社で生き生きと働いていたとしても。 自分で自由に生きている、好きなことをして働いている。 頂いているお給料に満足している。   と思っていたとしても、本当に心から、 1分1秒も無駄にしたくないくらい熱中しているか? と言われるといかがでしょうか?   心に正直になってみて、もしどこかに ひっかかる部分があるとしたら、 そのモヤモヤを共有してもらえると嬉しく思います^^   ぜひ勇気をもって、一緒に一歩を踏み出しましょう! ミニセッションをそんなあなたの為に開催中です。   こちらからお気軽にお問い合わせください。続きを読む

”機会損失”をなくす~お金編~

お金

自由に働く、生きること拒む社会システム   僕たち日本人のほとんどが 義務教育という過程を通過し、大学へ進学。 後に始まる「就活」を行い、社会というシステムに組み込まれていきます。   これは過去の敗戦した日本が 高度経済成長を迎える為、とても合理化されたシステムであり、 最も成果を最大化できる手段でした。   それにより、日本の「サラリーマン」は とても「勤勉」で「よく働く」   国策に乗じてキッチリと消費をし、 社会のエコシステムを回す役割を担っていました。   これは決して悪いことではなく、 むしろ日本の世界2位のGDPまで押し上げたことからも、 『とても成功した事例』だと思います。   現代社会の変化にひずみが生じている   しかしながらご存知のように、 その社会システムは既に崩壊しつつあります。   資本主義は基本的に一番上にいる 「資本家」が最も儲かるシステムです。   現代では、トマピケティという方が書いた 「21世紀の資本」という本にも書かれている通り、   わずか数名の資本家が世界全体の富の 大半を占めているとまで言われています。 (アマゾンのジェフベゾス、Facebookのマークザッカーバーグ、 Microsoftのビルゲイツ、など)   格差はますます広がる一方になり、 富の集中が起きています。   年金2000万問題に端を発したお金の問題   そんな中、日本においても 「年金2000万問題」を皮切りに、 「増税」「コロナショック」「働き方改革」   という出来事が起こり、 多くの人たちが今「生き方」「働き方」「お金」 に向き合わなければならない状況に陥っています。   とは言え、目まぐるしい変化していく状況に ついていけない人がほとんど。   かくいう僕もただ 「お金を稼ぎたい」「雇われたくない」 「好きなことだけをして生きていたい」 というわがままだけで独立をし、 大きな損失を出してしまいました…。     大事なのは知っているかどうか、ゲームのルールを理解する   僕は途方に暮れていました。 意気揚々と好きな事で独立した! これで自由に自分のやりたいことだけが出来る!   と思っていた矢先、ビジネスのビの字も知らない。 お金のことも全く興味がない。 教わったことがない。   必死にもがいても、貯金の残高は減るばかり。 結果的には大きな負債を抱えるまでになってしまいました。   そんな時です。 僕の不安を吹き飛ばした考え方。   もっと言うと、より楽に、簡単に。 正しく、最小の労力(時間とお金)で 成果を出す「法則性(考え方)」に出会うことが出来ました。   何をやるかも大事。でももっと大事なのはその前提にある考え方と在り方   僕はとにかく「ノウハウ」 ばかりを集めていました。   「お金の稼ぎ方増やし方」 「お客さまの集め方」 「セールスの方法」   沢山のノウハウばかりに無駄な消費をしてしまい、 一つも身についていませんでした。 結果が出るまでに時間がかかり、大事なお金を時間をなくしました。   でもそれは今思えば必要な事だったんだと思います。 その時の経験があったからこそ、 今こうして、この記事を読んで下っている方で、   同じように何かを変えようと思いもがいている方。 もっとお金も時間も自由に制限がなく。   自分の思った通りの人生を送りたいと思っている方に、 僕自身の経験を通じて学んだことをお伝えできるようになったからです。   誰でも出来るは本当。正しいステップで、正しい選択と決断をする。   一人でも多くの方に、いち早く、 正しい考え方をお伝えしたい。   一人でも多くの方が、 損をしないで欲しい。   知っているだけで僕みたいにならなくて済むのであれば、 その考え方、情報を最短最速で伝えていくことが 僕の役目の一つだと思っています。   話を聞いてみたいと思ったらお気軽に こちらまでお問い合わせください。   ぜひ一緒に人生を変える一歩を踏み出しましょう!続きを読む

パラレルで働くという事Withコロナ

Blog

  【近況報告@群馬】 さて、最近のストーリーはもっぱら 農作業の風景か、自然(主に山)の写真ばかりの小松です(笑)   コロナの影響で4月から始まった緊急事態宣言 もついに先月末で解除に。   その少し前の五月下旬から、 妻の出産に伴って実家の群馬に居候しています。 (ちゃんとした離れの住居がある。流石広い^^)   秋には美味しいお米になるであろう稲に水を1日3回やったり。 赤城山、榛名山に囲まれながら犬の散歩に付き合ったり。   今まで過ごしてこなかったような時間の使い方を ありがたいことにさせていただいております★   今回のコロナで本当に色々な影響が世の中に起きていて、 僕もご多分漏れずに色々な影響を受けました。   妻の出産には立ち会えない、面会も出来ないとか。 おかげで1か月半くらい一人暮らしを東京でしたり、とか?(笑)   知人はお話を伺う方々にも、非常に厳しい状況に 直面している方も多々いらっしゃいます。   そんな状況ではありますが、僕の中ではありがたいことに、 とてもポジティブに過ごせているなと感じています。   仕事面においては確実に「追い風」になっています。 コーチングなどでのセッションなども従来は都内のカフェで 直接会うことがほとんど。   だったのが「リモート化」が進み、いつでもどこでも 誰とでもお話する機会が格段に増えました。 これは本当にありがたいです。   またこうしてある意味時間が出来たことで 妻と出産前にものんびり過ごす時間もできたりしたり。   決してネガティブな要素だけではなく、 むしろいかにこの事態を楽しんで、好転させて、 ポジティブな成果につなげるのか!? に日々向き合っているような気分です★   こうした生き方を出来るのも様々なきっかけを くださった方々や、日々支えてくれる人たち。 咤激励、喜怒哀楽を分かち合えるつながりがあること。   当たり前のようだけど当たり前でない。 母や家族がいること。 感謝してもしきれないことが一杯あるなぁと。   改めて毎日の水やりなどをしながら噛みしめています^^ もちろんまだまだぜーんぜん、理想とは程遠い結果や 人間力に途方に暮れる部分もありますが(笑) それでも今この瞬間をこうして生きていられることが 何よりの幸せだなと思う今日この頃です。   来週の今頃にはもう恐らくは新しい家族も増えるであろうし、 これから先に起こることは分からないこと、予想もつかない事 ばかりだとは思いますが、それを楽しんでやろうと思っています★   まだまだ人生3分の1しか生きてないと思うと、 成長率半端ないなと!自分という銘柄の価値をもっと高めていこうと思います♪続きを読む